うつ秒診断を

うつ病と判断するためにチェックすべきこと

日本で、ここ最近深刻化している心の病として、うつ病があります。うつ病になる患者は年々増加しており、100万人以上の患者がいるといわれています。このようにたくさんの患者がいますが、実は患者の4人に3人はきちんと医師を受診していないというデータがあります。ほとんどの方は、うつ病だと認識せず、調子が悪いだけと放置する方が多いからです。 そこで、ここではうつ病を疑った時のチェックポイントをお教えします。まず精神状態において、気分の落ち込み、悲観的、憂うつ、落ち着きがないなどがチェックポイントとなります。その他にも、不眠、食欲がない、頭が重い、下痢、便秘、否定的な発言が増えるなどのチェックポイントがあります。このような症状が2週間以上続く場合、うつ病の可能性があります。

うつを放置してしまうと

日本では、まだうつ病に対してきちんとした認識を持っている方は少ないといえます。多くの方は、うつ病が発症する原因を、心が弱い、周囲に甘えているからと捉える傾向にあるからです。なので、日本全体でうつ病に対する社会的な理解が不足しているといえます。しかし、うつ病の原因は決してそのような甘えではありません。強いストレスに苛まれて、患者さんは自分ではどうすることもできなくなります。 病気に対して誤解した知識を持つと、うつ患者から適切な治療を受ける機会を奪ってしまう可能性があります。うつを放置すると、どんどん症状が悪化していきます。すると、ちゃんとした治療を行っても、治療に要する期間が長くなってしまいます。なので、きちんとうつ病に関する知識をチェックすることが重要です。