チェックシートを利用

うつ病のセルフチェック

うつ病は早期に発見し治療をすることがとても大切です。少しでも自分の心身に異変を感じたら、うつ病でないかチェックをしてみましょう。 無料でチェック、診断ができるサイトもありますので、自分がどれくらいあてはまるか試してみるのも良いでしょう。 主なチェック内容は、身体が疲れやすくなった、音楽を聴いていて楽くない、朝方体調が悪い、頭痛や肩こりがある、ぐっすり眠れず早朝に目が覚める、食事がすすまない、テレビを見ていても楽しくない、何をするにも億劫になった、仕事に集中できなくなった、自分の人生がつまらなく感じるなどです。 あてはまる数が多い人ほど、うつ病の可能性があります。病院を受診し、診察してもらいましょう。精神科や心療内科で診療してもらうことができます。

正しい治療で元気な自分を取り戻そう

病院ではまず医師からの聞き取りがあります。この聞き取りで医師もチェックをしているので、自分の今の症状を包み隠さずに率直に答えるようにしてください。ごまかしたりウソをついたりすると、正しい診断ができなくなります。 重度の場合は入院となることもありますが、中〜軽度であれば通院で治療をしていきます。 うつ病の患者にとって一番大切なのは休息をとることです。仕事をしている場合は休むことに抵抗があるかと思いますが、医師とよく相談し、必要であれば診断書を書いてもらい、良くなるまで休職しましょう。 正しく処方された薬を飲み、ゆっくり休んで、定期的に病院へ行き治療を進めていくことで、必ずうつ病は良くなります。焦らずに、良くなることを信じて、自分の身体を大切にしてください。