チェックする方法など

うつ病の歴史とチェック方法について

うつ病は現代病の一つと思われがちですが、古代からうつ病はありました。唯、うつ病という名称がなかっただけです。うつ病は「心の風邪」と言う医師もいますが、いつの時代にもうつ病になる人がいたということは、誰でも何らかのきっかけで発病する可能性が高いということです。ですからこそ、チェックにより、早期発見早期治療が大切です。  日ごろから身体の健康には気を付ける人も、心の健康を疎かにする傾向がありますが、心は身体にも様々な影響を与えます。例えば、ストレスが胃や腸にに負担を与えることもあります。では、自分がうつ病かどうかの判断はどうすれば良いのでしょうか。チェック方法の研究も進み、今日では簡易チェックから本格的なものまで複数あります。日本で公式に採用されているチェック方法は、WHOの国際分類であるLCD-10の「うつ病エピソード診断基準で」です。  近年うつ病患者は増える傾向にあり、今後もその傾向は続くでしょう。うつ状態が続くと、生活や勉強、家事、仕事などにも支障をきたすことが多いので、自分は大丈夫と思ったり、恥ずかしいと思わず、チェックで自分の状態を知り、適切な治療を受けてください。  

人生をより快適にしましょう

うつ病のチェックは、自分で出来るものから専門家によってなされるものまでありますが、まず自分でチェックしてみてください。インターネットでもセルフチェックとして幾つかの方法が紹介されえています。  ではどういう時にチェックしたらよいのでしょうか。次に述べる二つの状況があるか否かで行うと良いでしょう。一つ目は気分や体調の変化変調です。最近疲れやすい、身体がだるい、人と会うのが億劫になってきた、生活時間が昼夜逆転しがちだ、というような普段とは違う気分や体の変化変調を感じた時です。  二つ目は生活環境や社会環境の変化があった時です。これらの変化は人間の心に影響を与えるといわれています。入学、就職、結婚、出産、定年など私達の人生には多くの節目がありますま。また引っ越しや転勤など住環境の変化や身内の不幸、親の介護などもストレス要因になりやすいです。この様な私達を取り巻く様々な変化は、必ずしも心に良い影響を与えるとは限りません。うつ病の引き金になってしまうこともありますので、チェックで心の状態を知ることは大切です。人生をエンジョイする、より快適な人生にするには予防と早期発見によるところが大きいです。